アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

第4期放送に合わせてパチンコ化!『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』登場

更新日:06/27

SANKYOが8月21日導入の新機種『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』を発表した。2012年に第1期が放送、翌年には第2期「G」、2015年に第3期「GX」、そして2017年7月には第4期「AXZ」の放送が予定されている人気作品とのタイアップ機だ。

演出の見どころは連チャンモードのシンフォギアチャンスで、選んだキャラによって5種類のゲーム性が楽しめるところ。選択キャラは立花響(図柄増殖タイプ)、雪音クリス(連打タイプ)、風鳴翼(一撃タイプ)、マリア(長押し)、切歌&調(一発告知)で、カッコ内がそれぞれのゲーム性となっている。また最終変動はリーチ濃厚+期待度50%超と期待できるところもポイントだ。

原作の魅力の1つである楽曲も全32曲収録。主題歌の「Synchrogazer」や「Vitalization」はもちろん、劇中歌の「絶刀・天羽々斬」や「撃槍・ガングニール」なども本機で楽しむことができる。また楽曲が流れればチャンスアップで、「聖詠」なら期待大、「楽曲連続予告」は歌が続くほど信頼度が上昇していく。

スペックは大当り確率199.8分の1の1種+2種タイプ。初当り後は主に時短1回+最大保留4個の最終決戦に突入し、ここで大当りすれば時短7回+最大保留4個のシンフォギアチャンスに突入する仕組み。それぞれの継続率は保留4個を含めると最終決戦が約51%、シンフォギアチャンスは約80%で、さらに出玉上乗せの「V-COMBO」や、大当りを上乗せする「V-STOCK」などを搭載しているところもポイントだ。