アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

ストーリー紹介

total_01 total_02

謎の異星起源種「BETA(ベータ)」による地球侵攻により、人類は未曾有の危機に瀕していた。BETAはユーラシア大陸のほぼ全土を蹂躙し、遂に日本帝国へとその牙を向ける。
対BETA機動兵器「戦術機」の訓練生であった唯依は、級友とともに帝都防衛戦に駆り出されたが、圧倒的な戦力差の前に帝都は陥落、級友も失ってしまう…。

それから3年。日本帝国軍とアメリカ軍との間で進められている「XFJ計画」の開発主任としてアラスカにあるユーコン基地へと降り立った唯依。一方で、アメリカ陸軍の兵士、ユウヤ・ブリッジスもまた、テストパイロットとしてユーコン基地へと配属されていた。

原作はPCゲームを皮切りに、メディアミックスが展開されたコンテンツ。
ゲームは恋愛シミュレーションとしての要素も大きいが、アニメでは新型機開発に関わるユウヤや唯依の葛藤、戦術機開発競争に関わる各国の駆け引き、BETAとの激しい戦闘など比較的シリアスな面の比重も大きい。

実機ではアニメのほぼ全編をカバー。BETAとの戦闘はARTの「レッドシフトタイム」やボーナス中のバトルで展開する。日本製の戦術機である「不知火(しらぬい)」や「武御雷(たけみかづち)」はボーナスの名前として採用されている。

キャラクター紹介

  • ユウヤ・ブリッジスCV・小野大輔
  • アメリカ陸軍所属の戦術機パイロットで、本作の主人公。階級は少尉。アメリカ人と日本人のハーフ。高い操縦技術を買われ、アルゴス試験小隊に転属された。
    テスト・パイロットという立場に対して誇りを持っており、職務に関しては責任感もあり真面目だが、それゆえ、当初はアメリカの戦術機とは大きく設計思想の異なる日本製の戦術機にとまどい、いら立ちを隠せない場面も多々見られた。
    素直に感情を表現することはやや苦手だが、仲間を思う気持ちは強い。人にあだ名をつけるのがクセ。

    幼いときに日本人の父親が失踪したことで受けた差別により、日本人に対してコンプレックスを抱いていることもあり、唯依とはぶつかることも多いが、様々な経験を通して、人間的にも衛士(兵士)としても大きく成長していく。
  • 篁 唯依(たかむら ゆい)CV・中原麻衣
  • 日本帝国軍の士官で階級は中尉。日米間の共同戦術機開発計画「XFJ計画」の日本側の開発リーダーとして着任した。
    戦術機の操縦技術、特に近接戦闘に関しては抜群の技量を持ち、戦術機での戦闘の際は「武御雷(たけみかづち)」に搭乗する。コールサインは「ホワイトファング1」。

    毅然とした態度で冷静に物事に対処することを常とするが、気弱な面もあり、葛藤に苦しむことも。当初は反発的な態度をとるユウヤと衝突することもあったが、次第に惹かれ合うようになる。
    日本の武家出身ということもあって、仲間内では「唯依姫」や「お姫様」と呼ばれている。
    家庭的な一面もあり、得意料理は肉じゃが。
  • タリサ・マナンダルCV・野川さくら
  • ネパール陸軍所属のテストパイロットで、階級は少尉。
    童顔で小柄な見た目に反して好戦的でケンカっ早いが、基本は陽気で人なつこい性格。
    ただし好き・嫌いがハッキリしており、演習で負けた経験のある、クリスカやイーニァに対しては常に敵対心むき出しで接する。<br>
    戦術機での戦闘では、持ち前の野性的な感覚を発揮した近接戦闘を得意とする。
    ユウヤによって「チョビ」というあだ名を付けられた。
  • ヴァレリオ・ジアコーザCV・浜田賢二
  • イタリア陸軍所属のテストパイロットで、階級は少尉。イニシャルから「VG(ヴィージー)」と呼ばれている。
    ラテン系特有のノリのいい性格で、アルゴス小隊のムードメーカー。
    好みの女性を見つけるとすぐに声を掛けるほどの女好きな一面もある。
    戦術機での戦闘では熟練した操縦技術や的確な状況判断能力を持ち、小隊を支える頼れる存在となっている。
  • ステラ・ブレーメルCV・大原さやか
  • スウェーデン陸軍所属のテストパイロットで、階級は少尉。
    基地内でも随一の美貌とナイスバディの持ち主で冷淡に見られがちだが、実際は穏和な性格で家庭的な一面もある。プライベートでは大胆な発言をすることも。
    戦術機での戦闘では射撃を得意とし、戦況分析にも長けている。
  • クリスカ・ビャーチェノワCV・生天目仁美
  • ソビエト陸軍の部隊「イーダル試験小隊」に所属するテストパイロットで、階級は少尉。
    感情を表に出すことはほとんどないが、パートナーであるイーニァに対しては執着とも呼べる感情を抱いており、イーニァがユウヤに興味を抱いて以来、彼女自身もユウヤに対して心を動かされるようになる。

    搭乗機は複座式の「チェルミナートル」。単独でもすさまじい戦闘力を持っており、基地内ではイーニァとともに「スカーレット・ツイン(紅の姉妹)」の異名で呼ばれている。
  • イーニァ・シェスチナCV・能登麻美子
  • ソビエト陸軍の部隊「イーダル試験小隊」に所属するテストパイロットで、階級は少尉。

    小柄で熊のぬいぐるみに「ミーシャ」と名前を付けて大事にするなど幼さが目立つが、たぐいまれな戦術機の操縦技術を持っている。
    ユウヤと出会って以来、彼に強い興味を抱いており、アメリカ軍の敷地に侵入してユウヤに会いに来ることも。
    また、他人の感情を「色」として読み取ることができる模様。「ユウヤや唯依の「色」が特にきれい」と評している。
  • その他のキャラクター
  • ●ヴィンセント・ローウェル
    アメリカ陸軍所属の技術者で、階級は軍曹。ユウヤとともにユーコン基地へと配属された。VGにも通じる楽天的な性格だが、技術者としての腕は確か。

    ●ナタリー・デュクレール
    ユーコン基地にあるバー「ポールスター」でウェイトレス(夜はバーテンダー)として働くフランス人女性。タリサに可愛らしい服を着せるのが好き。

    ●フィカーツィア・ラトロワ
    ソビエト陸軍の部隊「ジャール大隊」を率いる女性。階級は中佐。カムチャツカ基地での実戦試験でのアルゴス試験小隊の警護を担当した。衛士としてのあり方をユウヤに説き、その意識を大きく変えた人物。

    ●崔 亦菲(ツィ・イーフェイ)
    統一中華戦線の「暴風(バオフェン)試験小隊」の小隊長で階級は中尉。演習でユウヤとの一騎打ちに敗れて以来、彼の「妻」を自称する強引な性格の持ち主。

    ●少佐(クリストファー)
    テログループの戦術機部隊を指揮する人物。

    ●ジゼル・アジャーニ
    テログループの一員で、ユーコン基地から戦術機を奪取した。

出解

  • 通常時のステージ
  • 通常時のステージは物語の主な部隊となる「ユーコン基地」「ポールスター」の2種類。前兆ステージにあたる「(スーパー)リラックス」ステージは、アニメ第6話「群青」で、士気高揚と広報素材の撮影を兼ねた西インド諸島・グアドループ基地での一幕がモチーフとなっているが、発生する演出はパチスロオリジナルのもの。
  • 不知火・弐型性能試験ミッション
  • アニメ第5話「正しき資質」冒頭でのシミュレーション試験を行うシーンがモチーフ。
    「ハイヴ(BETAの巣)」内が仮想空間として設定されており、その中での機動をチェックするのが目的となっている。
    実機では脱出成功で確定となるが、実際は出口付近まで不知火が接近する映像でオープニングテーマへと切り替わるため、その最後は明らかになっていない。
  • アルゴスミッション
  • アニメ第3話「錚々(そうそう)たるユーコン」で、着任したユウヤを含めた小隊員による模擬戦の模様を描いたシーンがモチーフ。
    アニメ同様、ユウヤとステラのコンビが勝利できれば成功となる。
  • 正しき資質
  • アニメ第5話「正しき資質」での、演習中に小隊員に内密で出撃した唯依の乗る「武御雷」とユウヤの「不知火」との一騎打ちがモチーフ。
    この戦闘で武御雷の長刀をはじき飛ばすことで、ユウヤは不知火を操るコツをつかむこととなる。
    なお、ユウヤが対峙する前に彼を除く小隊員は唯依に一蹴されており、特に長刀で機体を貫かれたタリサは、ユウヤから「シュラスコ(串刺し)」という不名誉なあだ名を付けられている。
  • 衛士の一分
  • アニメ第14話「衛士の一分」にて、ラトロワからさとされたユウヤが、仲間の待つ基地への帰還を決意するシーンがモチーフ。
    生死不明のユウヤを待つ、唯依の目に不知火の姿が映し出されれば成功となる。
    ユウヤと唯依の心の距離がグッと縮まる屈指の名シーンだ。
  • バナナボート&ビーチバレー対決
  • 唯依が活躍するバナナボートおよびビーチバレー対決は、いずれもパチスロオリジナルの演出。バナナボートではイーフェイ、ビーチバレーではクリスカに勝利すれば成功だ。
  • ART中バトル演出
  • ART中のバトル演出は「vsジゼル」「vsクリストファー」「vsスカーレット・ツイン」の3パターン。「vsジゼル」は第22話「汚れ無き報復」、「vsクリストファー」は第23話「屍せる者たちの凱歌」、「vsスカーレット・ツイン」は第24話(最終話)「白い闇」での戦闘シーンがそれぞれモチーフとなっている。
    ただし、ジゼルとユウヤは一騎打ちで勝敗が決した訳ではないなど、アニメとは異なる描写もある。
  • 帝都燃ゆ
  • アニメ本編のイントロダクションである第1話&2話「帝都燃ゆ(前編・後編)がモチーフ。日本を舞台に、衛士候補生であった唯依の日常や、帝都・京都へのBETAの侵攻、それによる悲劇的な結末が描かれている。
    なお、ゾーン中のキャラの登場順は甲斐→石見→能登→山城と、アニメで戦死する順番と同じになっている。

基本用語

  • BETA
  • 地球に侵攻してきた地球外生物。名前は「Beings of the Extra Terrestrial origin which is Adversary of human race(人類に敵対的な地球外起源種)」の略称。
    起源や生態、その目的など明らかになっていない点が多い。
    複数の種族で構成されており、大きさ1つとっても、人間大の大きさから戦術機の数倍の大きさまで種族によって外見や戦闘能力は大きく異なる。
    基本的に種族混合の群れで移動・攻撃を行い、圧倒的な物量によって押し切る戦術を採っている。

    単独で飛行が可能な種族は確認できていないため航空機による爆撃が有効と思えるが、超長距離の射程距離を持つ「光線(レーザー)級」の高出力レーザーによって対空防御をしており、光線級の有無が殲滅の難易度を大きく左右する。

    ◇主なBETAの分類
    ■兵士(ソルジャー)級
    真っ白な体表で多脚の小型BETA。非常に俊敏で力も人類よりもはるかに高い。

    ■戦車(タンク)級
    赤い体表で多脚の中型BETA。群れの中では最も個体数が多い。強靱なアゴは戦術機の外装でさえもかみ砕く。

    ■光線(レーザー)級
    青白い体表の二足歩行型BETA。発射するレーザーは高出力・超射程で味方のBETAを決して誤射しないという特徴も持つ。

    ■突撃(デストロイヤー)級
    非常に堅い装甲と時速170kmにもおよぶ高速移動が可能な大型BETA。

    ■要撃(グラップラー)級
    巨大な前腕を持つ四本足の大型BETA。近接戦闘において大きな脅威となる。

    ■要塞(フォート)級
    全長50mにもおよぶ超大型のBETA。移動速度はそれほど速くはないが、長い触手をムチのように操る。
  • 戦術機
  • 人類が対BETA用に開発した人型兵器の総称。
    光線級の確認により、航空機による爆撃が封じられたことで考案された背景がある。
    基本的な装備は射撃戦闘用の火器、近接戦闘用のブレードや長刀だが、開発国によって設計および運用思想は大きく異なる。
    基本的に陸戦仕様だが、軽量な装甲とジェットエンジンにより長距離の飛行も可能。
    また軍事衛星とリンクしたシステムにより、戦況確認や味方機との連携が効率化されている。

    アルゴス試験小隊が本拠地とする「ユーコン基地」は国連によって建設され、技術連携を目的として各国の戦術機開発チームが集められているが、政治的な駆け引きもあるため一枚岩ではないのが実情。歓楽街などの一部を除いて、各国の敷地に無断で立ち入ることも原則禁止されている。
  • 電磁投射砲(レールガン)
  • 日本帝国軍が開発した戦術機用の兵器。正式名称は「試製99型電磁投射砲」。
    120mm砲弾を毎分800発という超高速で連射することが可能。
    カムチャツカにおける実戦試験にて、ユウヤが搭乗する「不知火・壱型丙」により運用され、三千体以上ものBETAを殲滅するという戦果を挙げた。
  • アルゴス試験小隊
  • 日米共同の新型戦術機開発を目的とした「XFJ計画」での運用試験のために編成された小隊。指揮官はトルコ陸軍中尉のドーゥル中尉。他の試験小隊とは異なり多国籍の小隊員で構成されている。
  • イーダル試験小隊
  • ソビエト陸軍の実験部隊。実情はサンダーク中尉の指揮によってクリスカ・アーニァの「調整」が主な目的となっている模様。小隊員は彼女たち二人以外にも存在するが、演習では二人の乗る「チェルミナートル」単機での行動がほとんど。
  • 暴風(バオフェン)試験小隊
  • (左から)慮 雅華(ルゥ・ヤァファ)、王 壽鳳(ワン・ショウフォン)、小隊長の崔 亦菲(ツィ・イーフェイ)、李 玲美(リー・リンメイ)
  • 統一中華戦線によって編成された試験小隊。亦菲(イーフェイ)中尉を小隊長として「殲撃(ジャンジ)10型」の試験を行っている。抜群のチームワークにより戦術機同士の演習でも高い能力を発揮する。
  • インフィニティーズ
  • (左から)ガイロス・マクラウド、シャロン・エイム、小隊長のレオン・クゼ、キース・ブレイザー
  • アメリカ陸軍の特務部隊。小隊長はレオン・クゼ少尉。<br>
    ステルス性能を持つ戦術機「ラプター」を保有しており、熟練した小隊員の操縦技術もあいまって圧倒的な戦闘力を誇る。
  • レッドシフト
  • 対BETA用に考案された計画。アニメ終盤のテロリストによるユーコン基地襲撃によってその存在が明らかになる。ARTの「レッドシフトタイム」は、テロリストおよびBETAを含めた「レッドシフト」に関わる戦闘がベースになっている。