アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

お祭りや音楽フェスなど、夏は全国各地で様々なイベントが開催されます。
そのなかでも、今回はアニメとパチンコ・パチスロ関連ということで、夏の風物詩「コミックマーケット(以下、コミケ)」と、お台場エリアで開催されている「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2019(以下、ワンガン夏祭り)」にスポットを当ててご紹介。。
コミケは藤商事、ワンガン夏祭りはサミーがブースを出展しました。

藤商事ブースは「緋弾のアリア」推し!

2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックの影響などもあり、「4日間の開催」「一般参加者の参加証(有料)導入」「企業ブースが青海展示棟に移設」といった変更点があった今回のコミケ96。
前述のとおり、企業ブースはビッグサイト内ではなく少し離れた青海展示棟で展開されるということでそちらへ向かいます。会場は広さも申し分なく、次回、次々回での開催も大きな問題はなさそうです。ビッグサイトから徒歩で向かうと20分くらいかかりますけど(最寄りはりんかい線の「東京テレポート駅」)。

パチンコ業界からは唯一、藤商事がブースを出展。
同社のメインコンテンツである「緋弾のアリア」のグッズ販売をメインにブースが展開されていました。

CD3枚組の大ボリューム、購入者はタペストリーと手提げバッグがもれなくもらえる「緋弾のアリア オリジナルキャラクターソング コンプリートベスト」が目玉商品。そのほかにも、アクリルスタンドやクリアファイル、缶バッジといったグッズが販売されていました。

また前述の「コンプリートベスト」を購入した方は実機の抽選機を使った抽選に参加でき、見事大当りを引いた方は原作者・赤松中学先生のサイン入りスペシャルブック「スカーレット・フェスタ」までプレゼントされるということで、抽選に参加する方の列もできていました。

実機スペースには抽選機とは別に「P緋弾のアリアIII設定付」を展示。
試打はできませんでしたが、演出などが自動で流れる仕様となっており、そちらに見入る方もいました。

ワンガン夏祭りには「ひみつきち」が出現

コミケの会場をあとにして、そこから徒歩で「ワンガン夏祭り」の会場に移動。
同イベントはフジテレビ本社屋およびお台場・青海エリアにて開催されている、フジテレビ主催のイベント。パチンコ業界からはサミーが協賛、ブースを出展しています。

ブースがある場所はフジテレビ本社屋の7Fにあるフジさんテラス。
「あのはなサミーひみつきち」と題し、8月5日からパチンコ・パチスロ両方での導入を開始した「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」をテーマにしたブースとなっています。

ブースには誰でも参加できるスマートボールと、サミー公式LINE「SAMMY FAN」に登録すると参加できる、実機を使用した抽選機を設置。

スマートボールは9つのポケットがあり、タテ・ヨコ・ナナメのいずれかのラインのポケットにボールが入れば成功。グッズがもらえます。

一方の実機を使った抽選機は、パチンコ・パチスロそれぞれに挑戦可能。パチンコは大当りを引き当てれば、パチスロは目押しで決められた絵柄を揃えられれば成功となります。
パチンコの方は純粋な運勝負ですが、パチスロは2コマ目押しが必要。ただし2回挑戦でき、上・中・下段ぶち抜きのドデカ絵柄を各リールに狙えばいいので、少しでもパチスロに触れたことがある方ならそれほど難しくなないでしょう。
こちらで成功した場合は「サミガチャ」でゲットした券に対応するグッズがもらえます。

ワンガン夏祭りは9月1日まで開催しています。これからお台場に出かける予定のある方はぜひサミーブースにも遊びに行ってみてくださいね。