アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

2月23日、24日の2日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原にて「みんなのパチンコフェス」が開催された。パチンコメーカー19社が集結し、最新機種や豪華ゲストによるステージが行われた一大パチンコイベントで、入場料は無料、ステージの模様はニコニコ動画などでも生放送された。2日間の来場者数は7535人、ニコニコ生放送の来場者数は94606人。

今回はその模様を2部に分けて紹介。第1回目は最新機種編で、まだどの媒体でも紹介されていない未発表機種の数々もたっぷりと紹介していく。

【ステージ編】はコチラからどうぞ

サンスポアイドルリポーターと楽しく連れパチ

イベントはベルサール秋葉原のB1Fから2Fの3フロアで開催。2Fはパチンコ初心者向けの連れパチフロア、1Fはゲストによるステージが開催されるステージフロア、B1Fは各メーカーの最新機種24マシンが設置された試打フロアとなっている。

連れパチフロアの参加者は、まず最初にガイダンス映像を見て、その後は2人一緒に同じ台を楽しめるパーラーみんパチコーナーに行き、15分ほど試打。近くにはサンスポアイドルリポーターやホールスタッフがいて、不明点などを丁寧に教えてくれるので初めて打つ人でも安心してプレイできた。

さらに試打後にアンケートに回答するとメーカーオリジナルグッズ詰め合わせセットがもらえるため、初心者だけではなく、熱狂的なファンも多数詰め寄せていた。

またパーラーみんパチコーナーの隣には休憩エリアがあり、そこには人気ライターと一緒に記念撮影ができるフォトコーナーも設置。撮影した写真をハッシュタグをつけてSNSで投稿すると、ここでもメーカーオリジナルグッズがプレゼントされた。

最新&話題機種114台を設置した試打コーナー

試打コーナーには全114台を設置。導入済みの機種はたったの2機種で、それ以外はホール導入前。さらにはメーカーの公式HPでも紹介されていない未発表機種も多数設置された。プレス関係者も初めて見る台が多く、プレイヤーの後ろからのぞき込むシーンも見られた。それでは設置された各機種を紹介していこう。

●コナミアミューズメント
『ミリオンヴィーナス』(導入未定)

巨大なルーレットモノによって大当りが決まる1種+2種タイプ

●サミー
『P七つの大罪 強欲Ver.』(導入:4月中旬予定)

2018年7月に登場した『ぱちんこCR七つの大罪』のライトミドルタイプ。詳細はコチラ

●SANKYO
『Pフィーバースーパー戦隊』(導入:4月22日予定)

「秘密戦隊ゴレンジャー」や「太陽戦隊サンバルカン」「恐竜戦隊ジュウレンジャー」に「救急戦隊ゴーゴーファイブ」など9戦隊とタイアップしたマシン。6段階設定のライトミドルでST120回。ちなみにイベント翌日に正式にリリースされた

●サンスリー
『PAドラム海物語IN沖縄』(導入済)
『PA清流物語3』(導入:4月8日予定)

前者は導入済みなので割愛。後者は昨年9月に登場した『WCB』の兄弟機で、6段階設定付きの遊パチタイプ

●SanseiR&D
『P GOD EATER-ブラッドの覚醒-』(導入:4月8日予定)

バンダイナムコエンターテインメントの人気ゲームとのタイアップ機。詳細はコチラ

●三洋
『Pスーパー海物語IN JAPAN2』(導入:5月上旬予定)

2015年に登場した『海物語IN JAPAN』のシリーズ第2弾。今作もご当地アクションが大活躍!?

●ジェイビー
『P STRAIGHT SEVEN DX』(導入未定)

巨大電光板型ドラムを搭載したオリジナルマシン。ドラムの上下にあるロゴが可動し、ライン数が変化していた

●西陣
『P Rewrite』(導入:4月8日予定)

大ヒット恋愛アドベンチャーゲームとのタイアップ機。詳細はコチラ

●Daiichi
『PA怪盗おそ松さん』(導入未定)
『P翠星のガルガンティア』(導入未定)

前者は大人気アニメとのタイアップ機で、1月に登場したディ・ライトの『ノルソル』に似た役モノを搭載したマシン。後者は2018年4月に登場したマシンの兄弟機と思われる。どちらも現時点ではメーカーから未発表だが、代わりにイベント翌日にディ・ライトの『パチンコおそ松さん~おうまは最高!~』が発表されている

●高尾
『P白魔女学園 オワリトハジマリ』(導入未定)
『P DD北斗の拳 主役はジャギ』(導入未定)

前者は「でんぱ組.inc」主演のオリジナル特撮アクションムービーとのタイアップ機で、液晶下に搭載された『トキオデラックス』の役モノを応用したようなギミックが特徴的。後者は『DD北斗の拳』シリーズ第2弾で、液晶非搭載、ジャギ役モノの上にある缶コーヒーで大当りが決まっていた。「俺の缶コーヒーを買ってみろ!」のセリフが聞こえてきたが……!?

●豊丸
『Pロードファラオ ~神の一撃~』(導入済)
『P華牌R ~猿渡翔がローズテイルにやってきた~』(導入未定)

前者は導入済みで、後者は奥村から登場した『華牌』と豊丸の『ローズテイル』がコラボしたマシン!?

●七匠
『PA究極神判99Ver.』(導入:2019年春予定)

2018年に登場したマシンの兄弟機。機種名からみると遊パチタイプか

●ニューギン
『PA真・花の慶次2』(導入未定)
『Pうる星やつら』(導入未定)
『Pゾンビリーバボー ~絶叫~』(導入未定)

最初は今なお人気の『真・花の慶次2』の兄弟機で遊パチタイプの模様。2機種目は高橋留美子の大ヒット作品とのタイアップ機で、ニューギンからは初(パチンコは過去に奥村から5機種登場)。最後は7セグ+役モノメインのマシンだが、機種名からするとB級ゾンビカードゲームとのタイアップ機?

●ビスティ
『ヱヴァンゲリヲン~超暴走~』(導入:3月4日予定)
『モードぱちんこ ヱヴァンゲリヲン~超覚醒~』(導入:3月4日予定)

エヴァシリーズ13作目のマシン。詳細はコチラ

●藤商事
『P緋弾のアリアAA FE設定付』(導入:3月4日予定)

2018年11月登場の『JPH』の兄弟機で、ライトミドルタイプの6段階設定付き

●平和
『P戦国乙女5』(導入未定)

2018年8月に登場したマシンの兄弟機。遊パチ? それともライトミドル?

●ベルコ
『ぱちんこセブンインパクト』(導入:4月8日予定)

ベルコの十八番・9連7セグシリーズの最新作で、継続率90.7%の新内規対応マシン

試打コーナーで特に人気があったのがおそ松さんとエヴァで、コンテンツの人気がそのまま並びに繋がっていた様子。またこの他にオッケー.と京楽から参考出展としてAKB48シリーズの新作も披露。筐体上部に巨大なギミックが搭載されており、ここにも黒山の人だかりができていた。

ニコニコ超会議の「超パチンコフェス」でもここまで未発表機種が出ることはなく、試打コーナーは熱気で常にムンムン状態だった。未発表の機種に関しては続報を楽しみに待ちたいところだ。