アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

毎日暑い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
夏といえば海、海といえば水着ギャル……、でもアラフォーのだらしなボディを白日の下に晒すのは抵抗がありますし、なによりパチスロが打ちたい!そんな私のような、わがままボーイの夢を叶えるマシンがこの世に送り出されました。
それが、ハイライツ・エンタテインメントの新機種『トロピカルKISS』です。ちょっと公開が遅くなりましたが、7月25日にベルサール秋葉原で開催された発表会の模様とともに、気になるゲーム性などをたっぷりご紹介していきます。
ちなみに前回の特集記事は『しすくえパラダイス』の試打レポートでしたが、当サイトはハイライツ製品のステマサイトではございません(笑)。ただの偶然ですわ。奥様。

あれ、ひょっとしてこの絵って……

本機のモチーフとなっているのは、2009年に発売され、シリーズ累計で6万本を超えるヒットを記録したPCゲーム。ジャンルとしてはアダルトゲームにカテゴライズされます。


リゾート施設「A・LO・HA(アロハ)」を舞台に、主人公と5人のヒロインがキャッキャウフフする魅惑のストーリーとなっております。

発表会の会場内にはキャラのポスターやポップが展示されていたのですが、

ミ○ト……? ミ○トちゃんじゃないの!!

どこかで見たような……

原作ゲームに詳しい紳士の方はご存じかとも思いますが、実はこのゲーム、キャラデザインを「スーパーブラックジャック」シリーズのキャラデザインを手がけた「こたろう」氏が担当しているのです!
そういった意味ではパチンコ・パチスロファンにも親しみやすいコンテンツと言えるのではないでしょうか。

「SRT」ってナンダ!?

さて、発表会では遊技機事業本部長・佐々木氏により、ゲーム性の詳しい説明が行われました。

本機は3種類のボーナスとSRT「トロピカルタイム」のループにて出玉を獲得していくシステム。
「SRT」は主にボーナス終了後に突入し、50G~500G継続(次回ボーナスまで継続するパターンもアリ)する機能で、純増枚数は約0.3枚。出玉を減らさず次のボーナスに期待できるという点で、感覚的にはRTに近いですね。

SRTは当選したボーナスの種類や、成立時の内部状況に応じて突入率が変化しますが、初回の突入率はトータルで60%オーバーと高め。SRT中にボーナスに当選した場合は終了後のSRT再突入が約束されるので、ループも発生しやすいという訳です。

スペックは「ビター」と「スウィート」の2つ

本機のもう1つの特徴が、2種類のスペックが用意されている点。

スウィートver.(左)とビターver.(右)

「ビター」はスーパーBIGなら純増300枚。そのぶんボーナス確率は低めですがメリハリのある出玉感がポイントです。「スウィート」はボーナスの出玉は少ないものの、ボーナス確率が合算で160分の1(設定1)と、まったり遊べる仕様となっています。例えるなら「ビター」はお金はけっこう掛かるけど快楽も大きい○○○のような……いややっぱヤメときます。今のナシ。忘れてください。

せくしーなおねえさんもあそびにきたよ!

こういったプレス発表会では、最後に「フォトセッション」が行われるのが常。
よく新機種発表ニュースのトップ画像とかになってる、台とゲストやメーカーの偉い人が並んで写っている例のヤツです。

今回は5名の人気セクシー女優が登場するというサプライズ。

(左から)松本菜奈実さん、榎本美咲さん、早川瑞希さん、生駒はるなさん、渚ひかりさん


しかもモチーフにならってみなさん水着!
海に行かずともナイスボデーの水着ギャルが拝めるとは……。
いやぁ、カメラのファインダー越しに見るとあらぬ妄想がかき立てられますね。でも仕事ですから仕事(ゲス顔)。

 

最終的に水着ギャル(しつこい)は素晴らしい!という結論に至りそうなところでしたが、無理矢理軌道修正してまとめると、ART機とボーナスタイプの中間、もしくはいいとこ取りというゲーム性ですので「ART機は経済的にちょっと苦しい、けどボーナスタイプは刺激が少ないなぁ」という方には特にオススメです。
ホール導入は9月19日から。この日は他にも新機種がわんさか出ますが、似たようなスペックがほとんどないので何とか頑張って欲しいと思います。