アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

3月21日、秋葉原はパセラリゾーツAKIBAにて、オーイズミの新機種『パチスロラストエグザイル-銀翼のファム-』のプレス発表会が開催されました。
新機軸のスペックを搭載した同機の魅力や、意外(?)なゲストも登場した発表会の模様をたっぷりお届けします。

「ラストエグザイル-銀翼のファム-」とは!?

まずはモチーフとなっている作品の紹介から。
「ラストエグザイル-銀翼のファム-」は「バジリスク~甲賀忍法帖~」などを手がけた制作会社・GONZOによる、2011年~2012年にかけて放送されたテレビアニメ作品。2003年に放送された「ラストエグザイル」の続編となっており、空族の少女・ファムが親友のジゼルとともに小型飛行機・ヴァンシップを駆って冒険を繰り広げる物語です。

主人公・ファムのCVに豊崎愛生さん、ジゼルのCVに悠木碧さんと豪華声優陣も起用。
世界を巻き込む国家間の戦争を軸にしつつも、美しい映像表現で描かれる世界観でも話題を呼びました。

「打ちごたえのある機種」がコンセプト

さて、そんな人気アニメをモチーフとした本機ですが、スペック面も作り込まれています。
最大の特徴は3つの「A」が絡み合う「トリプルAスペック」と銘打たれたゲーム性。3つの「A」とは「リアルボーナス(A)」「AT」「ART」です。
現在の機種の多くはボーナス+ARTを採用していますが、本機はそこにATの要素をプラスしています。
ART中はレア小役だけでなく「ハズレ」も上乗せのカギを握っているわけですが、ATに突入させることにより、ハズレの出現率アップ=上乗せ高確率状態として機能するというわけです。

また、通常時のチャンスゾーンをクリアすると、続いて上位のチャンスゾーンに突入し、ART複数ストック獲得のチャンスとなる「ウインネクスト」なるシステムや、5号機最大枚数の448枚を獲得&消化中はARTストック超高確率となるプレミアムボーナス「超弩級エグザイルRUSH」なども搭載されており、あらゆるタイミングにARTロング継続のトリガーがちりばめられている点も魅力です。

オーイズミ代表取締役社長・大泉氏や同社広報・岩崎氏によると、同じ「負け」でもある程度の展開を味わったうえでの「負け」になる、つまり「打ちごたえのある機種」をコンセプトに、本機の開発は進められたとのことです。

特別ゲストはあの人!

また、発表会では特別ゲストとしてこの方が登場。

「冷やし中華はじめました」でお馴染みのお笑い芸人・AMEMIYAさんです!

「銀翼」になぞらえて銀色のジャケットで登場したAMEMIYAさんですが、自身もパチンコ・パチスロはプレイされるとのこと。発表会の前に試打をしたそうですが、実に9年振りとなる新筐体「ゼクス」による、圧巻の映像美や重低音の効いたサウンドに圧倒されたようで、大満足の様子でした。

さらに、今回のために作ったオリジナルソング「パチスロ銀翼のファムはじめました」も披露。

「膨大な資料をじっくり読んで歌詞を考えました」とは本人の談。

ホール導入は5月22日より!!

※会場内にはテレビアニメの声優陣によるサイン色紙も展示

何かと出玉性能が取りざたされる現在のパチスロですが、様々なトリガーを盛り込むことにより、出玉性能に加え「プレイする楽しさ」を追求することもまだまだ可能であることを証明してくれた本機。
パチスロ界に吹く逆風を見事追い風にして飛び立つことができるのか!? 注目のテイク・オフは5月22日が予定されています。
原作アニメのチェックも忘れずに…というところですが、テレビアニメはちょっと長い、という人は新カットも盛り込んだ総集編の劇場版もありますのでそちらを鑑賞するのもオススメです。