アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

人気アニメ2作品が待望のパチスロ化!

更新日:04/21

4月19日、秋葉原UDXシアターにて、DAXELの新機種『パチスロ そらのおとしものフォルテ』および『パチスロ 結城友奈は勇者である』の発表会が開催された。

「そらのおとしもの」は累計部数400万部突破のコミック発のコンテンツで、2009年、10年にはテレビアニメを放映。2011年と14年には劇場版も公開されている。
「エンジェロイド」と呼ばれる少女・イカロスと、高校生・智樹との出会いをきっかけに巻き起こるできごとが、コメディタッチの描写を交えつつ展開されていく物語だ。

スペックはART「エンジェロイドボーナス」の1G連にて出玉を獲得していくタイプ。
基本となるゲーム性はこれまでの「アニスロ」シリーズを踏襲しており、通常時は2種類のポイントによって前兆ゾーンやチャンスゾーンへと移行し、ボーナス当選を目指す流れ。
ART中は「スーパーエンジェロイドボーナス」に突入すれば1G連ストックの大チャンスとなる。

また、通常時・ART中ともに発生する「1/8192の奇跡(プレミアムロングフリーズ)」に当選すれば激アツ。 「ウエディングフリーズ」は、選択したキャラとのウエディングシーンが流れるという、ファンにはたまらない趣向となっている。

一方の「結城友奈は勇者である」は、今年10月にテレビアニメ第2期の放映が開始される今が旬のコンテンツ。
「勇者部」に所属する少女たちの戦いが描かれる作品で、ゲーム化や漫画化もしている。

スペックは「そらの~」と同じくARTで出玉を獲得していくタイプだが、最大の特徴はアニスロシリーズ初の差枚数管理型のARTを搭載している点。
ART中は規定ポイントを減算しきればチャンスゾーンへと移行し、成功すれば上乗せ特化ゾーン「満開」突入となる。初当り時も上乗せゾーンからスタートとなり、こちらも「満開」に突入すれば大量上乗せを獲得してのART開始に期待できるぞ。

アニメファン待望のパチスロ化を実現した2機種、導入は『パチスロ そらのおとしものフォルテ』が6月、『パチスロ 結城友奈は勇者である』が7月を予定している。