アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

9月29日に、ネットの最新機種『パチスロ 凪のあすから』のお披露目会が開催されました。

会場は池袋にある、ニコニコ本社・イベントスペース。「ニコニコ生放送」でお馴染みとなっているあの場所。

t_nagiasu_01

会場に入ると、まずは「凪あす」キャラのコスプレイヤーさんがお出迎えしてくれました。

t_nagiasu_02

発表会は12時よりスタート。開催にあたり、常務取締役の濱田氏が登壇して主催者あいさつを行いました。

t_nagiasu_03

モチーフとなっている作品が、パチスロ機としては珍しいジャンルの恋愛ファンタジーということで、企画当初は社内でも不安視する声もあったそうですが、「凪あす」の大ファンである1人の開発担当者の熱意によって実現したとのこと。ある意味アニメファンの鑑ですね。

続いてはスペシャルコーナーとして、「パチスロ攻略マガジン」のトニーさんとドラ美さんが登場。ドラ美さんがプレイしつつトニーさんが解説を行う、実機を使ったデモプレイが行われました。

t_nagiasu_04 t_nagiasu_05

ライターの中でも無類のアニメ好きとして有名なドラ美さん。当然ながら本作もチェックしており、演出の再現度にも太鼓判を押していました。

もうすでにご存じの方も多いとは思いますが、本機はボーナス+RTタイプ。ボーナス中は技術介入要素があり、成功すれば最大獲得枚数を獲得可能です。失敗しても何度でもチャレンジ可能なので目押しがちょっぴり不安…という方も安心ですね。

t_nagiasu_06 t_nagiasu_07

BIGボーナス中は原作アニメのダイジェストムービーが流れます。
開始時に話数を選択でき(1回目は第1話or第14話)、BIGを引くたびに新たなエピソードが解放されていきます。

t_nagiasu_08

RTは基本的にBIG後に突入し、まずは25Gの「エピソードチャレンジ(純増約0.2枚/1G)」からスタート。消化中に泡のエフェクトが発生したら、2段階目のRT「エピソードゲーム(純増約0.5枚/1G)」突入にチャレンジできます。

t_nagiasu_09

手順としては、逆押しで左リールに3連赤7を狙う…のですがBIGの入賞絵柄によって目押しの有効範囲が違うので注意しましょう。また「まだエピソードゲームに突入させたくない!」という場合は順押しすればスルーできます。自らの目押し力とも相談してチャレンジするタイミングを決めたいですね。

t_nagiasu_10

また「エピソードチャレンジ」中にスペシャルリプレイが成立した場合は、そこから50GのRT「スペシャルエピソード」に移行。アニメの数あるエピソードの中でも屈指の名場面が流れます。
REG後1G目もスペシャルリプレイ成立のチャンスがあるようですよ!

t_nagiasu_11

通常時は4種類の演出タイプを選択可能で、筐体のセレクトボタンを押すと変更できるナビキャラクターによって演出タイプが変化します。特定条件を満たすと新たなナビキャラクターも解放されていきますよ。

t_nagiasu_12

あと、個人的に面白かったのが筐体に取り付けられた「魚面そ」役モノ。
口に指を突っ込むと魚面そが様々なセリフをしゃべります。ボタン以外でいじれる役モノって実は結構珍しかったり。

さて、発表会の模様に話を戻しましょう。
ライターお二人による機種解説の後は、特別ゲストとして、アニメ1期・2期のオープニングテーマを担当した歌手のRay(レイ)さんが登場!

t_nagiasu_13 t_nagiasu_14

現在もアニメソングを中心に活躍を続けているRayさん。「凪あす」のオープニングテーマの澄んだ歌声のイメージとは違ってとってもキュートな方でした。
残念ながら生でその歌声を聴くことはできませんでしたが、ご本人としてはアニメの1期・2期両方のオープニングテーマを歌った初めてのアニメということで、とても印象深いそうです。
パチスロ機から自分の歌声が聴こえてくる…というのも初めての体験だそう。

その後はスペース内に用意された実機の試打タイムへと移行。 お昼どきからスタート、ということでおむすびとお茶も配られました。

t_nagiasu_15

ちなみにお土産もいただきました。 ポスターとクリアファイルのセットです。嬉しい!

t_nagiasu_16

ちょっと切なく甘酸っぱい、青春模様をパチスロで体感できる『パチスロ 凪のあすから』。
全国へのホール導入は11月中旬からが予定されています。