アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる / アニパチ

アニメを知ればパチンコ・パチスロはもっと楽しくなる

アニパチ公式ツイッター

3月23~26日、東京ビッグサイトで開催された「アニメジャパン2017」。
日本のアニメーション文化・産業の振興発展を図ることを目的に設立された「一般社団法人アニメジャパン」主催の本イベント。4回目となる今回は過去最多の来場者数14万人を記録し、大盛況のうちに幕を閉じました。
我らがアニパチ編集部は3月25日(土)に取材を敢行。日本最大級のアニメイベントの熱気を体感してまいりました。
そこで今回の特集記事では、パチンコ・パチスロ機に関連するコンテンツのステージイベントをメインにお届けします。

攻殻機動隊の世界がリアルになる日

まずは3月21日より『パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』が導入されている「攻殻機動隊」に関して。

突然ですが皆さん、「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」というプロジェクトをご存じでしょうか。
同プロジェクトは2014年に発足。ざっくり説明しますと「電脳」や「義体」に代表されるような、攻殻機動隊の世界で描かれている近未来テクノロジーを、日本を代表する企業や大学の研究者さんの英知を集結して実現しちゃおう、という試みです。ガ○ダムやドラ○もんを本気で作っちゃおう、みたいな感じです。
今回のアニメジャパンでは、セミナーステージにて「攻殻機動隊 REALIZE PROJECTアワード2016」と題し、特筆すべき研究を行っている企業・研究室への表彰式が行われました。

今回のアワードは「電脳(人工知能)」と「義体(ロボット)」の2部門。
「電脳部門」では、人工知能「Watson(ワトソン)」を活用した自動車の運転支援システム「アイサイト」を開発している富士重工株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社の研究がグランプリを獲得。

アイサイトは自動車などに取り付けるカメラで、取得した映像から事故につながるような要素を人工知能を使って完璧に把握してしちゃおう、という技術です(かなりおおざっぱな説明)。テレビアニメだと「サイコパス」なんかで自動運転の描写がありますが、アレと同じようなことが近いうちに可能になるかもしれませんね。

「義体部門」では人工筋肉を備えたロボットの研究を行っている東京工業大学の鈴森・遠藤研究室がグランプリを受賞。

人間の筋肉と同じように特殊な繊維を束ね合わせた人工筋肉を使ったロボットを開発しており、実際に実物(写真中央)が登場しましたが、素人目にも「これ近いうちにホントに義体ができるんじゃないの?」と思いました。いやマジで。

タチコマかわいいよタチコマ

「攻殻機動隊」関連では、アニメの制作を手がけているPRODUCTION I.Gのブースも大盛況。
その主な理由がこちら。

マスコット的な存在となっているタチコマです(2分の1サイズ)。
こちらのタチコマ、前述の「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」の一環として制作されたもので、単なる巨大フィギュアではありません。AIによるコミュニケーション機能が付いており、こちらの呼びかけに対して受け答えしたり、手を振ったりと、まるで本物(?)のタチコマのように愛嬌たっぷり。

動いているところ。動画でどうぞ。

スタッフの「歌を歌って」という呼びかけに「手のひらを太陽に」を歌い出した時は、アニメのシーンを思い出して思わず涙が出そうになりました。
タチコマ曰く「ジャスラックに申請済みです」とのこと。オチまで付けられるなんて賢い!

ちなみにこちらの2分の1サイズのタチコマは非売品ですが、8分の1サイズのタチコマが販売される予定で、現在予約受付中とのこと。

2分の1サイズ同様、身振り手振りで感情を表現したり、AIを使用した音声認識や自然言語処理機能により会話を楽しんだり、ネット接続で天気やスケジュールを教えてくれたりと大活躍。また、他のユーザーから入力された情報をすべてのタチコマが「並列化」することで、学習・成長していくとのこと。
お値段はなんと157,400円!……万枚出たら買います。

まどマギにも新たな展開が!

続きましては「魔法少女まどか☆マギカ」関連。
今回のイベントでは、新作のスマホゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(以下「マギアレコード」)」のスペシャルステージが開催されました。

ステージの内容は鹿目まどか役の悠木碧さん、このゲームで初登場となる魔法少女、環(たまき)いろは役の麻倉ももさん、深月(みつき)フェリシア役の佐倉綾音さんによるトークショー。

途中でサプライズゲストとして、キャラクターデザインを手がけるイラストレーター・蒼樹うめさんも登場。
ゲームの開発プロデューサー・外山氏も交えて、ゲームの見どころや、ゲームの映像を鑑賞してのトークが展開されました。

この「マギアレコード」ですが、主人公の魔法少女「環いろは」が妹の「環うい」を探す…というストーリーのRPG。まどかやほむらなど、お馴染みの魔法少女たちの他にも新たな魔法少女が多数登場します。
リリースは5月中とのことで、現在、公式サイトでは事前登録を受付中。遊んでみたい方はまずは事前登録してみましょう。

「ツインエンジェルBREAK」遂に始動!

最後は、4月7日からテレビアニメの放映開始が発表された「ツインエンジェルBREAK」。
スペシャルステージは17時からとやや遅めのスタートでしたが、客席は大入り満員。
ステージではまず「世界最速」としてテレビアニメ第1話のフルバージョンが先行放映されました。

肝心の内容は……というと、それは4月7日からの放映をお楽しみに、といったところ。
ちなみにアニメ鑑賞後は、声優さんによるトークショーも行われたのですが、残念ながらステージ自体は撮影NGということで、こちらの集合写真でこらえてつかぁさい。

※(写真左から)ヴェイル役の諏訪彩花さん、天月めぐる役のM・A・Oさん、如月すみれ役の茅野愛衣さん、ヌイ役の藤井ゆきよさん


アニメジャパンでは、他にも今をときめく人気アニメから歴史ある王道コンテンツまで、多数のアニメ作品のブースが出展していました。
次回の特集ではパチンコ・パチスロ化されているアニメコンテンツのブースを紹介していきます。
ちょっぴりですがコスプレイヤーさんの模様もお届けしますのでお楽しみに。